身の回りの理科(科学・サイエンス)を、ときどきつぶやきます。
by matu_ta
カテゴリ
全体
動物
植物
気象
菌類・細菌類
大地


光・音・力
化学
物理
工作
IT
未分類
以前の記事
2014年 06月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 08月
2011年 07月
フォロー中のブログ
5号館を出て
日常から正方形に切り抜く
Go! Joppari
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
引っ越します
at 2014-06-29 23:25
モンシロチョウの幼虫 ふ化後1日
at 2014-06-29 20:35
ふ化したばかりのモンシロチョ..
at 2014-06-29 15:57
モンシロチョウの卵をiPho..
at 2014-06-29 15:48
メダカの卵をiPhone+マ..
at 2014-06-29 15:42
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:化学( 2 )

イソジン+ビタミンCで色が消える手品

 イソジンにビタミンCを入れると色が消える。というのをやろうとしたのですが、あまり上手くいかなかったので試行錯誤。
 コサジンガーグルにポッカレモンを入れていたのですが、なかなか思うように色が消えません。
 で、買ってきたのが明治のハイレモン
 これで試してみると…
d0249904_19435359.jpg

 期待通りに色が消えました。ビタミンCの量の問題だったのかな。
 レモンのビタミンCは1個あたり20mgだそうです。これを多少入れても、色は変わりませんでした。
 一方の、ハイレモンは6粒で333mg。1粒あたりで55.5mg。1粒でレモン2個分のビタミンCがあることになります。ハイレモンがあまり水に溶けているようには見えませんが、それでも十分な量だったようです。

 手品風に見せるなら、ハイレモンを砕いた粉にするとか、ハイレモンをたくさん溶かした水を用意するといいのでしょうね。
[PR]
by matu_ta | 2012-12-02 19:48 | 化学

ムラサキ色の色水づくり

 酸性・アルカリ性を調べる色水づくり。
 定番は紫キャベツなのですが、保存が利いて安い材料がないかとやってみた。
d0249904_2258288.jpg

 100円ショップのブルーベリージャム。色は変わるけれど、中間の色が出ないのでちょっと面白くない。
 加えた水溶液は、左から、重曹、キンカン、石灰水、精製水、酢、サンポール。
 イチゴジャムでもやってみたのですが、これはあまりにもちがいが微妙だったので却下。
 畑でとれたムラサキ色のジャガイモでも挑戦。
d0249904_231760.jpg

 これは結構いい色が出て楽しい。色水をたくさん作るの面倒だなと思って、スライスでも十分結果が出る。
 ということは、ムラサキイモチップスとかでもできるんでしょうね。

 まぁ、結論として「紫キャベツが楽でいい」ということになったのですが。
 キャベツをちぎってビニル袋に入れ、多めの塩と少なめの水で揉むと簡単に色水ができます。
[PR]
by matu_ta | 2012-11-13 23:04 | 化学