身の回りの理科(科学・サイエンス)を、ときどきつぶやきます。
by matu_ta
カテゴリ
全体
動物
植物
気象
菌類・細菌類
大地


光・音・力
化学
物理
工作
IT
未分類
以前の記事
2014年 06月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 08月
2011年 07月
フォロー中のブログ
5号館を出て
日常から正方形に切り抜く
Go! Joppari
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
引っ越します
at 2014-06-29 23:25
モンシロチョウの幼虫 ふ化後1日
at 2014-06-29 20:35
ふ化したばかりのモンシロチョ..
at 2014-06-29 15:57
モンシロチョウの卵をiPho..
at 2014-06-29 15:48
メダカの卵をiPhone+マ..
at 2014-06-29 15:42
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:植物( 42 )

オオウバユリの種子

 シリーズ職場探検その3。
 夏の間はイタドリに隠されてよくわからなかったオオウバユリですが、イタドリの葉が落ちて行くにつれてその姿が見えるようになってきました。
 まだ種子が入っている一本をゆらしてみると…
d0249904_23541548.jpg

 ものすごい量の種子ですが、一体このうちのいくつが再び実をつけるまで育つのでしょうね。種子から花を咲かせるまでは10年以上かかるそうですが…。
[PR]
by matu_ta | 2013-10-26 00:06 | 植物

ガガイモの種子

 職場周辺の探検中にガガイモの実を発見。
d0249904_23305091.jpg

 実があると言う事は、花が咲いていたはずなのですが、まるで気づいていませんでした。もったいないことをした。
 実はまだ乾いていないので、毛が広がらずにぺたんとしていました。
 種子はこんな風にきれいに並んで、旅立つ時を待っているんですね。
[PR]
by matu_ta | 2013-10-25 23:33 | 植物

サクラの花の化石?

 三笠の博物館で、サクラの化石を発見!?
d0249904_23511661.jpg

 …もちろんサクラのハズはなく、棘皮動物のウミツボミです。かわいい。
 ウニやヒトデと同じ棘皮動物の仲間なので、ちゃんと五放射相称です。
[PR]
by matu_ta | 2013-06-22 23:57 | 植物

ホウノキの花

 三笠市立博物館の野外博物館で、ホウノキの花を見ました。
d0249904_23303683.jpg

 葉もでかいですが、花もでかいですね。
 ホウノキの実が落ちているのをはじめて見たときには、一体この南国的なものは何なんだろうかと真剣に悩みました。実がなっているところも見てみたいなぁ。
[PR]
by matu_ta | 2013-06-18 23:37 | 植物

青光りするヒマワリの種子

 油用のヒマワリの種をくれるという人がいたので、少しいただきました。
d0249904_2005230.jpg

 ハイブリッドサンフラワーという種類だそうです。色のきれいさにビックリ。
 ヒマワリの種子がすべてシマシマだとは思っていませんし、黒い種子も見たことがあります。でも、この色はきれいだなぁ。飾っておきたいほどです。
[PR]
by matu_ta | 2013-06-07 20:01 | 植物

青光りするヒマワリの種子

 油用のヒマワリの種をくれるという人がいたので、少しいただきました。
d0249904_2005230.jpg

 ハイブリッドサンフラワーという種類だそうです。色のきれいさにビックリ。
 ヒマワリの種子がすべてシマシマだとは思っていませんし、黒い種子も見たことがあります。でも、この色はきれいだなぁ。飾っておきたいほどです。
[PR]
by matu_ta | 2013-06-07 20:01 | 植物

バラの花のような葉

 地域の事業で山菜採りに行ってきました。
 今年は寒くて、来週くらいがシーズンだったようです。お目当ての山菜はあまり採れずにガッカリ。
 歩いているときに「バラみたいだ」という声が。何だろうと行ってみると、
d0249904_2284984.jpg

 オオウバユリのきれいな葉が。周りの葉と違ってツヤツヤしているので、かなり目立ちます。
 でも、オオウバユリってユリ科ですよね…? 単子葉類…?
[PR]
by matu_ta | 2013-05-11 22:16 | 植物

エゾエンゴサク「イタドリが育つ前に!」

 川の縁です。夏になるとイタドリだらけになっては入れなくなる場所なのですが、この季節なら入っていけるなと思って、ちょっと散歩を。
 キクザキイチゲがたくさん、エゾエンゴサクがぽつぽつと、カタクリがほんの少し。それぞれ、この季節を狙って花を咲かせていました。
d0249904_21541462.jpg

 土から顔を出している赤い芽はイタドリ。イタドリが生長してしまうと、完全にイタドリの天下になってしまい,足下の植物なんてろくに光をもらえません。
 雪解けから、イタドリが育つ前まで。そのちょっとの間が、彼らの時間。
[PR]
by matu_ta | 2013-05-11 21:57 | 植物

サクラの冬芽、ナナカマドの冬芽

 職場の前にあるサクラの冬芽です。雪が1.5m以上積もっているので、雪の上にさえよじ登ってしまえば、簡単に観察できました。なにせ、この冬芽がヒザの高さにあるんですから。
d0249904_2114306.jpg

 冬芽を一つちぎって、中を見てみるときれいな黄緑。生きているんだな、春を待っているんだな、ということがわかります。
 そんな話をしていると、「こっちにもある」という声が。ナナカマドの冬芽です。
d0249904_21164376.jpg

 3月になって酷い雪が降りました。もう、春になって欲しいな。
[PR]
by matu_ta | 2013-03-04 21:20 | 植物

新しい枝

 冬芽を探して枝の先を見ていったのですが、途中から色が違います。その分が、1年で伸びた分なのでしょうね。
d0249904_09524.jpg

 1年で伸びる分がこれだけとして、逆算していくと、木はものすごい時間をかけて今の姿になっているのだなと言う事がイメージできます。毎年毎年の成長の積み重ねで、太陽の光を存分に浴びられる大きさになって行くわけです。
 でも、その側にはズルいやつも…。
d0249904_012575.jpg

 木にクルクルと絡みついて、一気に上を目指した植物があります。もうこの草は枯れてしまっていますが、また春になったら木を利用して高いところの光を手に入れるんでしょうね。木が長い時間をかけて手に入れた位置を、1年かからずに手に入れるわけです。作戦ですよねぇ。
[PR]
by matu_ta | 2013-01-17 00:17 | 植物