身の回りの理科(科学・サイエンス)を、ときどきつぶやきます。
by matu_ta
カテゴリ
全体
動物
植物
気象
菌類・細菌類
大地


光・音・力
化学
物理
工作
IT
未分類
以前の記事
2014年 06月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 08月
2011年 07月
フォロー中のブログ
5号館を出て
日常から正方形に切り抜く
Go! Joppari
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
引っ越します
at 2014-06-29 23:25
モンシロチョウの幼虫 ふ化後1日
at 2014-06-29 20:35
ふ化したばかりのモンシロチョ..
at 2014-06-29 15:57
モンシロチョウの卵をiPho..
at 2014-06-29 15:48
メダカの卵をiPhone+マ..
at 2014-06-29 15:42
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

阿寒湖のザリガニ

 阿寒湖でザリガニに指をはさまれてきました。
 相手はこいつ。
d0249904_23511424.jpg

 特定外来生物ウチダザリガニ。侵略的外来種ワースト100でもある。
 本来阿寒湖には居ない生物ですが、繁殖力が強いのでドンドンふえてしまっているのだそうです。いろいろな在来生物への影響があるのですが、阿寒湖ではマリモも食べることがわかっています。何とかしないと、マリモが食い荒らされてしまいます。
 カゴを使って駆除をしているそうなのですが、根絶は難しいでしょうね…。国立環境研究所のサイトでは、「世界的に本種の駆除に成功した例はない」とされています。
 ゆでて食べるとおいしいということなので、食い尽くす勢いで食べれば良いと思うんですよね。ウチダザリガニを捕獲することがお金になると言う事であれば、捕獲にも弾みがつくでしょうから。
 阿寒湖班のホテルに泊まったら、阿寒湖名物として必ずウチダザリガニの料理が出る(ついでにエゾシカも)。というのはどうでしょう?
[PR]
by matu_ta | 2013-07-31 00:00 | 動物

美国神社例大祭 天狗の火渡り

 積丹町の美国神社例大祭より。
 大きなかんなくずを威勢良く燃やしているところを、天狗が歩いてわたります。
d0249904_1212688.jpg

d0249904_1153876.jpg

 火は2カ所あり、それを三往復するので12回火渡りをすることになります。
 その後、太鼓がわたり、神輿が渡り…と、火渡りは30分程度行われました。
 当然、やけどをしては困るので、衣装は木綿のものを使い、その下には濡れた布を巻いてやけどをしないように工夫しているそうです。それでも、やけどはあるとか…。(昼間用に化繊の通気性の良い衣装もあるそうです)
 大きなかんなくずは、メラメラと勢いよく燃え上がり、そのわりにはやけどをしづらいというメリットがあるそうです。とはいえ、大きなかんなくずは最近出なくなったために、この祭りのために取り寄せているとのこと。
[PR]
by matu_ta | 2013-07-06 12:04 |

毛虫が増えた?

 「毛虫を飼っていたのですが、変な毛虫が増えました。」という相談を受けました。
 中途半端なサイズの、黒い毛虫ということだったので、「それは動きますか?」と聞くと、「言われてみれば、動かない気がします」とのこと。
d0249904_1192357.jpg

 「きっと脱皮の皮でしょう」。と答えて、後で見に行ってみると、こんな感じでした。
 脱いだ皮が、なかなか良い形になっていました。これは「毛虫が増えた」と思っちゃいますね。
[PR]
by matu_ta | 2013-07-06 11:10 | 動物

船を引き上げる工夫

 海岸で、船をつないでいる道具がありました。
d0249904_10523635.jpg

 てこを使って、クルクルと回して船を引き上げるようです。
d0249904_10574082.jpg

 まわりを見ましたが、この仕組みのモノはこれしかありませんでした。ほかの船は、ワイヤーが小屋の中に入っていて、小屋の中にウインチか何かがあるのでしょう。
 昔はきっと、この仕組みでほとんどの船が引き上げられていたんでしょう。
[PR]
by matu_ta | 2013-07-06 10:57 | 光・音・力